スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ライ麦+黒ゴマ+グレープシードオイルのパン

黒ゴマのライ麦パンのトースト 黒ゴマのライ麦パンのサンドイッチ
黒ゴマのライ麦パンのトースト
でハム&チーズのサンドイッチを作ってみた。
黒ゴマの香ばしさとハム&チーズが合う。



バターが品薄でおひとり様1個まで、など
入手困難な状態が続いているので
今回はバターの代わりに植物油を使ってみる。

配合:
ライ麦100g
強力粉150g
砂糖 17g(大さじ2)
塩 5g(小さじ1)
プレーンヨーグルト 85g
グレープシードオイル 10g
水 75ml

ドライイースト 1.5g~2g弱(1袋3gの半分くらい)
黒ごま 大さじ2~3くらい

メニュー番号「7」のライ麦パン
22:30に焼きあがる予約

メモ:塩を入れすぎて6gになってしまった。
前回は有塩バターを使ってて今回は植物油なので
ちょっと多くても大丈夫かな。しょっぱくなるのかな?
・・・食べてみたけど塩1gの違いはよく分からない。
誤差の範囲かも。

水の分量はオイルの分だけ減らすつもりだったんだけど
うっかり80ml近くまで入れてしまった。
しかし具材を入れるときは水の量を10ml増やす
ということなのでちょっと水分多くてもいいかも?
水分が多いと焼き上がりがやわらかくなるのかな??

取扱説明書の説明では
細かい具材は最初からパンケースに入れる
ということだけど、米粉パンのレシピでは
黒ごまをレーズン容器に入れると書いてある。
白ごま入りのフランスパンのレシピでは
最初からパンケースと書いてある。
どっちでもいいのかな?

・・・と思ったけど、焼き上がりを確認してみて、
細かい具材は説明書の通りに
やはり、先にパンケースに入れておくべき
ということが分かった。
レーズン容器に黒ゴマを入れて自動投入にしたら
パンケースに入らなかった分が飛び散ってた。
あと、黒ゴマはパンケースに入れる前に
すりごまにしておいたほうがいいかも。

あと、材料に関しては
バターの代わりに植物油にしても
あまり違いがないみたい。
植物油のほうが若干もっちりした感じ
になるかも。。。?

次回、「全粒粉+植物油」で
試してみよう。

スポンサーサイト
日本語→英語自動翻訳【星条旗】
English English得袋.com
カレンダー
10 | 2011/11 | 12
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -
プロフィール

mimi

Author:mimi
This blog contains my personal recipes. Occasionally, I write entries about miscellaneous topics. I like cooking, reading books, learning languages, etc. Recently, I bought a DSLR camera (EOS Kiss X3). I want to improve both cooking and photography skills.

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
検索フォーム
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。