FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[TED] 「選択の選択」と「後悔の後悔」

What I have learned from the two TED talks are:
"be choosy about choosing" and "we know we can do better".




Sheena Iyengar: How to make choosing easier
http://www.ted.com/talks/lang/en/sheena_iyengar_choosing_what_to_choose.html

... So let me recap. I have talked about four techniques for mitigating the problem of choice overload -- cut -- get rid of the extraneous alternatives; concretize -- make it real; categorize -- we can handle more categories, less choices; condition for complexity. All of these techniques that I'm describing to you today are designed to help you manage your choices -- better for you, you can use them on yourself, better for the people that you are serving. Because I believe that the key to getting the most from choice is to be choosy about choosing. And the more we're able to be choosy about choosing the better we will be able to practice the art of choosing.


Kathryn Schulz: Don't regret regret
http://www.ted.com/talks/lang/en/kathryn_schulz_don_t_regret_regret.html

... what I sometimes think of as a Control-Z culture -- Control-Z like the computer command, undo. We think we can throw money at the problem or throw technology at the problem -- we can undo and unfriend and unfollow. And the problem is that there are certain things that happen in life that we desperately want to change and we cannot. Sometimes instead of Control-Z, we actually have zero control.

Here's the thing, if we have goals and dreams, and we want to do our best, and if we love people and we don't want to hurt them or lose them, we should feel pain when things go wrong. The point isn't to live without any regrets. The point is to not hate ourselves for having them.

We need to learn to love the flawed, imperfect things that we create and to forgive ourselves for creating them. Regret doesn't remind us that we did badly. It reminds us that we know we can do better.






シーナ・アイエンガー:選択をしやすくするには
TEDSalon NY2011, Filmed Nov 2011; Posted Jan 2012
http://www.ted.com/talks/lang/ja/sheena_iyengar_choosing_what_to_choose.html

time elapsed
15:17

過剰な選択肢の問題を軽減する 4つの方法について話しました

カット:無意味な選択肢を取り除くこと
具体化:現実感を持たせること
分類:選択肢を減らしてカテゴリを増やす方が人は対応し易いこと

そして
難易度に慣れさせること

今日皆さんに説明したこれらの方法は
選択肢をうまく管理できるようにするためのものです
自分自身に応用してもいいですし
皆さんがサービスする顧客にも使えます

選択肢を最大限に活用するのに
重要なのは 選択の仕方を選択することだと思うからです
選択の仕方にこだわれば こだわるほど選択をうまく
できるようになると思うからです




キャスリン・シュルツ「後悔を後悔しない」
TEDSalon NY2011, Filmed Nov 2011; Posted Dec 2011

http://www.ted.com/talks/lang/ja/kathryn_schulz_don_t_regret_regret.html


後悔を構成する1つめの要素は 基本的に、否定
後悔の2つめの特徴的な要素は 困惑
後悔の3つめの要素ですが、 自分を罰したいという強い願望

4つめの要素は
後悔のはじめの3つの要素を取り出して 無限に繰り返すループを作ること


でも私はここに5つめを提案したいと思います。
後悔を経験することで ある種の「気づき」に到達するのです。


「Ctrl+Z」に慣れてしまった 現代社会の人間には
-- コンピューターの取り消しコマンドの 「Ctrl+Z」のことです。

人生の厳しい現実に向き合うことに
私たちはある意味で、信じられないほど不慣れです

問題が起こったら資金を投入するか テクノロジーを駆使すれば
-- 「取り消し」 や 「友達から外す」 「フォローを解除」 できると思っています。

問題なのは、人生に起こることの中には どんなに変えたいと願っても
変えられないことがあるのです。 ときには「Ctrl+Z」どころか、
一切コントロールが効きません。

コントロール中毒で完璧主義の人たち -- 私もそのうちのひとりですが
-- こうした事態に対応するのは非常に大変です
何もかも自分でやりたいし、思い通りにしたいのですから。

time elapsed:
15:54

目的があって 夢があって、 ベストを尽くそうとするなら、
そして人を愛し その人を傷つけたり失いたくないと思うなら、
うまく行かないときに痛みを覚えるのは当然です。

自分が生み出す 欠点のある 完璧でないものを 愛しましょう
それを生み出してしまう自分を許しましょう。
後悔が思い出させてくれるのは、失敗そのものではなく
自分次第でもっと良い結果を出すこともできたのだ、ということ
です。

スポンサーサイト
日本語→英語自動翻訳【星条旗】
English English得袋.com
カレンダー
10 | 2018/11 | 12
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
プロフィール

mimi

Author:mimi
This blog contains my personal recipes. Occasionally, I write entries about miscellaneous topics. I like cooking, reading books, learning languages, etc. Recently, I bought a DSLR camera (EOS Kiss X3). I want to improve both cooking and photography skills.

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
検索フォーム
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。